ギャンブルで負けないために

ギャンブル、言葉の意味はみなさんご存知でしょうが、果たしてその本質を理解している人がどのくらいいることでしょうか。
ギャンブルである以上、絶対に負けない方法と言うのはないのですが、ただ、それを理論的に考えた人もかつてはいました。以下に紹介しますが、これはあくまで理屈です。
マーチンゲール法というのは、簡単に言うと勝つまで倍賭けするという、古くから伝わる有名なギャンブルの賭け方のことを指します。必勝法とまで言われていますが、そこで本当にそうなのか検証していきます。
負けると掛け金が二倍になるギャンブルを考えてみましょう。勝率は1/2とします。そこで最初に1万円賭け、勝てば降りて1万円の得ですね。負ければ次に倍プッシュして2万円賭けます。2万円の時点で勝てば4万円返ってきますが、今まで1+2=3万円賭けたので、やはり1万円の得で、そこで降りるのです。
負ければ次に4万円賭けます。今までの掛け金1+2+4=7万円に対して次のリターンは8万円ですね。このようにして、勝つまで続ければ、必ず1万円勝てるという方法なのです。
要するにそれまで賭けた合計額が2n-1(万円)なのに対して、勝って戻ってくる額が2n(万円)であり、常に1万円多いことになります。だから勝つまで続け、一回でも勝てば勝ち逃げで降りれば、必勝であるといえるでしょう。
これを繰り返せば蔵が建つかも?これは手を変え品を変えギャンブルの必勝法として伝えられてきた理論であります。今でもちょっとググればたくさんの解説サイトが見受けられるでしょうね。しかし、本当に必勝なのでしょうか。これについて考察してみましょう。マーチンゲール法vsパリミュチュエル方式
日本の競馬などのギャンブルではパリミュチュエル方式を採用しています。つまり、ギャンブルの参加者が賭けた金額から一定額(競馬なら25%)を天引きして、残りを勝利者に還元するように倍率を決めていきます。従って誰が勝っても胴元が損をすることはありえませんね。
たとえ参加者がマーチンゲール法を使ってもそうなっています。倍率は人気によって決まりますので、先に解説した倍倍ゲームの掛け率が維持できないのです。
それは、どういうことか。
勝つまで賭け続けられるという前提が成り立たなくなってしまうのです。単純な例では、例えばすべての参加者の掛け金の合計が100万円で、そのうち50万円が自分の掛け金だとしましょう。そのときパリミュチュエル方式では必ず胴元が回収できるように天引きした掛け率になっているので、50万円の還元率が2倍を超えることは絶対にありません。例えば1.5倍で75万円返ってくるとか。全員がマーチンゲール法を使っても、やはり胴元は破産しないようになっています。
要するに掛け金が天文学的数字になったときに(百億円とか)、賭けを受ける相手がいないので、倍倍の掛け率が成立しなくなってしまうのです。万馬券も一人でたくさん買ったらオッズは一倍に近づく、というか胴元の分を抜くと一倍を切ってしまうことになります。また上限額が決まっている賭けもありますので、その場合も上限額で負ければ次がないので、やはり必勝にはならないのです。これはマーチンゲール法が破れるというよりは、その前提が成り立たないというところでしょうか。これは胴元側の視点でしたが、次は賭け手側の条件を考えてみましょう。

チャットレディが多数在籍のライブチャットをお探しならこのBBガールズがお勧めです。

日本全国の風俗情報のことならヘブンネットにお任せ下さい。日本一の情報量を誇ります。

本庄 デリヘルなら大人生活にお越し下さい。大人生活なら埼玉県本庄市のデリヘルが満喫できます。